ホーム
  

【いなぐま通信】 
筋膜について①
     
    今回は筋膜についてご紹介します。 皆さん、筋肉という言葉は
    よく聞くかもしれませんが、筋膜とは何か?と思う方が多いと思
    います。筋膜とは、一般に筋、腱、骨、血管、臓器、神経を覆い、
    連結し、包んでいる線維性結合組織のことを言います。密度の
    高いものから低いもの、非常に規則的な線維組織から不規則的
    なものまでさまざまです。これらの多くの種類の筋膜は、組織の
    健常性に応じて変化し、いくつかの共通する特性を持っています。
    ●筋膜の特性は3つあります。1つ目は・・・
    ①連続性:筋膜は互いを連結するのに優れています。他の筋膜
     と次々とつながっていき、ピンと張った蜘蛛の巣でもがいている
     ハエを網のネットワークのいたる所で感知できることに似ています。
     健常な筋膜は、スポンジのような伸縮性を持つ事とジェルのような
     滑りやすいタンパク質層とともに、線維を散在させることで運動
     をしやすくしています。しかし、歪み、損傷、疾患、運動不足が
     あると、筋膜はさらにきつく連結する。例えば、肩こりや怪我
     してギプスを外した後に周囲の組織が硬くなることがあります。
     筋膜が過剰に連結した場合、リハビリでは硬くなった筋膜部分
     の自由度を増加させて動きを回復していきます。
     2つ目の特性については、後日お話していきます。
    
    
     
     
      
       
バックナンバー
2018/12号 膝の異常症状
2018/11号 翼状肩甲
2018/10号 ヘバーデン結節
2018/9号 特発性大腿骨頭壊死
2018/8号 肘内障
2019/7号 投球障害
2019/6号 筋膜について①
2019/5号 応急処置②(RICES)
2019/4号 肩関節拘縮について
2019/3号 MRI
2019/2号 前十字靭帯損傷
2019/1号 モートン病
過去のものはこちらから

Copyright(C) 2004 Inaguma Orthopedics Clinic All Rights Reserved.