ホーム
  

【いなぐま通信】 
日本脳炎
     今回は日本脳炎についてご紹介します。日本脳炎とはウイルスに
    よって発生する疾病で、蚊を介して感染します。子供や高齢者に多く
    みられる病気で、突然の高熱、頭痛、嘔吐など発病し、意識障害や麻痺
    等の神経系の障害を引き起こす病気で、後遺症を残すことや死に至る
    場合もあります。一般にウイルスに感染した場合、約1000人に1人が
    日本脳炎を発症し、発症した20~40%の人が亡くなってしまうと言われて
    おり、また45~70%の人に後遺症が残ってしまいます。
     予防のためにはワクチン接種が非常に有効と言われており、正しく
    接種していれば、罹患リスクを80~95%減らすことができるとされています。 
             標準的なワクチンの接種のスケジュール
     1期接種:初回については3~4歳に期間に6~28日までの間隔を
           おいて2回、追加接種については2回目の接種を行って
           から1年経過した時期に1回の接種をします。
     2期接種:9~10歳までの期間に1回の接種を行います。 
      定期の予防接種は各市町村が実施主体となっていますので、詳細  
    につきましては、市町村の予防接種担当課にお問い合わせをお勧め  
    致します。
     過去に日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があった
    ことから、平成17年度~21年度まで積極的な予防接種のご案内が
    ありませんでしたが、その後新たなワクチンが開発され、現在は通常
    通り受けることが可能です。このため、平成7年~18年に生まれた方は
    予防接種を受ける機会を逃していることがありますので、母子健康手帳
    などをご確認して頂くことをお勧め致します。
   
       
バックナンバー
2019/12号 外反母趾②
2019/11号 TFCC損傷
2019/10号 テーピング②
2019/9号 筋膜について②
2019/8号 投球障害②
2019/7号 投球障害
2020/6号 日本脳炎
2020/5号 高電圧バルス療法
2020/4号 PCR検査について
2020/3号 新型コロナウイルス
2020/2号 尺骨突き上げ症候群
2020/1号 薬剤耐性菌について
過去のものはこちらから

Copyright(C) 2004 Inaguma Orthopedics Clinic All Rights Reserved.