ホーム
  

【いなぐま通信】 
モートン病
     
    今回はモートン病についてご紹介します。 これは中腰の作業や
    ハイヒールの常用などで、長時間つま先立ちをすることによって
    足趾に行く神経が中足骨間を連結する靭帯(深横中足靭帯)の
    すぐ足底部を通過するため、この靭帯と地面の間で圧迫されて
    生じる神経障害です。    
    【症状】
    ・第3-4足趾間のしびれ(個人差はあります)
    第3-4足趾間の疼痛や灼熱痛
    ・同部位から下腿までの放散痛
    【治療法】
    ・保存療法:局所の安静、ハイヒールの禁止、足底板、運動療法
           ブロック注射など
    ・手術療法:神経剥離、神経腫摘出、深横中足靭帯の切離など
    まずは足底板などを用いた保存療法を行いますが、3ヶ月ほど
    様子を見ても症状が回復しなければ上記の手術が必要になる
    ことがあります。
    上記のような症状がある場合やつま先立ちをしたり、足趾を上
    にする動きをすると痛みが強くなることがあれば、早めにお近
    くの医療機関へ受診する事をお勧めします。
    
    
     
     
      
       
バックナンバー
2017/12号 肺炎球菌感染症
2018/11号 翼状肩甲
2018/10号 ヘバーデン結節
2018/9号 特発性大腿骨頭壊死
2018/8号 肘内障
2018/7号 下肢静脈瘤
2018/6号 肘部管症候群
2018/5号 虫垂炎(盲腸)
2018/4号 副鼻腔炎(蓄膿症)
2018/3号 足根洞症候群
2018/2号 ものもらい
2019/1号 モートン病
過去のものはこちらから

Copyright(C) 2004 Inaguma Orthopedics Clinic All Rights Reserved.